アトピー性皮膚炎とは?

アトピー性皮膚炎は、いろいろな刺激に反応しやすい皮膚の病気で、アレルギー性疾患の1つです。
主に皮膚の炎症からおこるかゆみや乾燥など症状が繰り返し起こり、症状が悪化すると全身にひろがります。
アトピー性皮膚炎は小さな赤ちゃんから大人まで発症し、アトピー性皮膚炎を発症する患者の数は年々増加傾向にあります。
特に小さな赤ちゃんがアトピー性皮膚炎にかかっているのをみると本当にかわいそうです。
現在のところアトピー性皮膚炎の明確な原因は不明であり、根本的な治療方法は見つかっていません。
多くの場合は、精神的なストレスや気候の変化、細菌感染、ハウスダスト、ダニ、衣類の刺激、食物アレルギーがアトピー性皮膚炎の症状を悪化させます。
ですから、これら我々の体に刺激を与える要因を減らして、アトピー性皮膚炎の症状をいかに抑えるかが今現在できるアトピー性皮膚炎対策、対処法となります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。